カート
ユーザー
絞り込む
作り手
アイテム
コンテンツ
小花模様が愛らしい、大きめのごはん茶碗
めし椀 (大) 印花文 ビードロ [森里博信]
2,300円(税込2,530円)
購入数

115109
めし椀 (大) 印花文 ビードロ [森里博信]
2,300円(税込2,530円)


とろりと流れた釉が美しいご飯茶碗

森里さんの三島手は、京三島
花の形に作った印鑑のような道具で、素焼き前のうつわにひとつずつ丁寧に押印をして模様とする三島手(みしまで)。
押印して表現したことからこの模様を印花文(いんかもん)といい、釉薬が流れ込んで自然な陰影模様を作ります。


伊賀焼といえば「ビードロ釉」
ビードロとは、ポルトガル語で「ガラス」のことです。
伊賀の里には昔からこのガラス質の釉薬が使われており、伊賀焼=ビードロ釉というのが定番になっているほどです。
翡翠のような苔のような緑色の濃淡が印花に陰影をだし、とろりと流れた雰囲気が美しいうつわです。



炊きたてのごはんをどうぞ。正統派の形は手に持った時もしっくりとなじみます。
※写真のごはんの量は、約180gです



<商品スペック>

●直径 約125mm
●高さ 約65mm
●重量 約190g

●陶器 ビードロ釉
●産地 三重県伊賀市 森里博信

●電子レンジ ○
●食器洗浄機 ✕


<ご購入前にご確認下さい>

手づくりのため重量・大きさ・色合いに個体差がございます。
予めご了承ください。
この商品を購入する